*
*
*

遅刻・早退と残業時間の相殺

遅刻と残業の相殺

 労働基準法では、一日の労働時間が8時間未満の残業分については割増賃金の支払いを義務付けていませんので、遅刻した時間を8時間未満の残業時間と相殺することは合法と考えられます。なお、この場合、8時間を超えた分については相殺できず、25%の割増賃金が必要になります。

早退と残業の相殺

 早退して減った労働時間分を翌日の残業時間で帳消しにするという方法も、一般的には問題がないようにも思えるかもしれませんが、労働基準法では、別の日に何時間働いたかにかかわらず、1日の労働時間が8時間を超える場合は割増賃金の支払いを義務付けていますので、8時間を超えた残業時間との相殺は違法ということになります。
 この場合の正しい処理は、以下のようになます。
 ①早退した日の給料は、労働時間が減った分だけマイナス
 ②残業した日の給料は、8時間を超えた分に対して25%の割増

ページトップへ