カテゴリー別記事の一覧

健康保険

The Eagles -I CAN’T TELL YOU WHY

医療保険の選び方

 生命保険会社の医療保険を検討する場合、その前提となるのは、やはり①病院・医院等での医療費、②及びその他の費用と、③健康保険・国民健康保険等の社会保険からの給付になります。  病院・医院等での医療費そのものは、下記データ[ 続きを読む…]

70歳以上の方の高額療養費の取扱の実際

 70歳以上の方の医療費の自己負担限度額制度(後期高齢者医療制度の被保険者を含みます)   1ヵ月の自己負担限度額の算定方法 外来(個人)ごとの限度額 外来+入院(世帯ごと)の限度額 ①一定以上所得者 44,400円 8[ 続きを読む…]

70歳未満の方の高額療養費の取扱の実際

   70歳未満の方の医療費の自己負担限度額制度    ①入院時の医療費の自己負担限度額  月々の支払を自己負担限度額とするには、限度額適用認定証の交付が必要です。  病院への入院が決まったら、加入している健康保険の窓口[ 続きを読む…]

何故がん保険が必要か

 一般的に、医療保険・医療特約があれば、がん保険は不要と思われがちです。しかし、これには問題があります。がんはいったん治癒したように見えても再発の可能性があり、入退院を繰り返すことがあります。医療保険・医療特約には、この[ 続きを読む…]

すべてを保険で付保することは不可能かもしれませんが・・・

 先程の事例で、高額療養費適用後の医療費が97,430円、食事負担額が23,400円、差額室料が600,000円だったとして、入院給付金日額が5,000円・手術給付金が50,000円~200,000円の医療保険を2倍にし[ 続きを読む…]

ただし入院時の食費・特別室料は保険適用外です。

 医療費の一部負担金・高額療養費という制度は大変有難い制度ですが、入院時の食費・個室等の特別室料は対象になりません。特に特別室料は、病院にもよりますが、個室で10,000円~20,000円が相場で、入院期間が長引くと、大[ 続きを読む…]

差し当たっての結論とプラン

 先程の例で言えば、97,430円の高額療養費自己負担限度額が支払えればよいわけですから、取り敢えずは入院・手術給付金の合計額が10万円前後になる医療保険に加入していればよいということになります。  例えば入院給付金日額[ 続きを読む…]

健康保険の被保険者・被扶養者の一部負担金と高額療養費

   健康保険の被保険者は、医院・病院等で、治療を受けたり、入院・手術した場合、医療費の全額を負担するわけではありません。保険制度・年齢により負担割合が決められ、医療費のうち、その一定割合を支払います。   一部負担金 [ 続きを読む…]

メニュー

カテゴリー

ランキング

アーカイブ

お気に入り

リンク

このページの先頭へ